Siesta日和 ---シエスタビヨリ---

日仏家族がフランスからヨットで世界旅行へ出かけます。目指すは日本!

女子の買い物

f:id:SailingSiesta:20210506115042j:image

く ろ ま め

 

お正月に作ろうと思いながらも、ずっと棚の中にあった黒い豆。ポルトガルで買ったんだった!

早く消費しないと…と、BBQの後の炭でゆっくり炊いて出来上がり。

醤油が入っているからか、ホッとする味。😌

豆好きなNinaも飛びつくおいしさでした。

 

パナマは豆の種類が多くて興味深いのです。

日本のものよりは小さいけれど、黒豆があったので またついつい買ってしまいました。

-----------------------------------------------------


f:id:SailingSiesta:20210506120017j:image

f:id:SailingSiesta:20210506120006j:image

f:id:SailingSiesta:20210506120237j:image

 

今日は、近くの船仲間と 女子3人で買い物dayでした。

スペイン人のエステーとイギリス人のクレーァ。

街の様子をもっと写真におさめたかったのですが、この地区は携帯片手に歩いていると非常に危険なのです。

なぜか穴ばかり。しかも結構大きくて所々にあるのです。ぼーっとしていたら、絶対に落ちます。(笑)

 

今日の目的は、UV&防水加工がしてあるSunbrellaの生地やUV加工の糸。

カルタヘナでも行きましたね〜。

↓2ヶ月前の記事です。

Sunbrellaは1,52m幅でUS20ドル。

カルタヘナに比べたら 若干こちらの方のが安いですね。

 

色のサンプルをもらって、他にも必要なパーツが出てきたので、また日を改めて出直す事に。

 

2軒の布屋をはしごをして、帰りに通り沿いにある野菜スタンドに止まっては 買い込み…を繰り返し、終いにはこんなにたくさん!

f:id:SailingSiesta:20210506131416j:image

小さめのパイナップル🍍が3つで1ドル。

トマト🍅 一袋 1ドル。

にんじん🥕 一袋 1ドル。

マンゴー🥭 6個で1ドル。

アボカド🥑 3つで2ドル。

左下はパン屋さんで買ったパウンドケーキ 1,75ドル。

 

野菜を買いに行ったみたいなものです。。😝

でも、楽しかったなぁ。

しばらくは野菜と果物に恵まれて、幸せな食卓になりそうです。

海の恵みに感謝

f:id:SailingSiesta:20210428114444j:image

7時間のナビゲーション。

いい風に吹かれて 心地よく パナマシティに戻ってきました。

途中、イルカの群れにも遭遇。

 

約10日間の島での生活。

野菜も果物もなくなって、冷蔵庫はすっからかん。

週末に合流してきた加代子さんに卵を持ってきてもらって、何とか?生き延びました。

いやいや、冷凍庫にはお肉も入ってるし、米もパスタも牛乳もビールもあるし、そう困った事は無いのです。

手付かずの缶詰達もあるしね。

 

パナマへ来てから、新しい卓上BBQを購入。

Siestaには炭のBBQも、ガスのBBQもあるのですが、炭用のBBQはビーチ用で、ガスのBBQは強風だとNGだったりしてイマイチ使い勝手が良くないのです。


f:id:SailingSiesta:20210428115358j:image

f:id:SailingSiesta:20210428115403j:image

f:id:SailingSiesta:20210428115354j:image

この新しいBBQは炭は少しだけでOKなのと、

USBに繋げて(風を送って)火力を調節できるので便利。外側は触っても熱くないのも魅力です。

大人数向きではないけれど、我が家のように3人でゆっくり突っついて食べるには十分。

 

蓋は付いてないのですが、以前の炭用BBQの蓋を被せてみたら なんとぴったり!

なぜ、蓋にこだわるのかと言うと…

f:id:SailingSiesta:20210428115215j:image

燻製を作りたかったのです。

サワラの燻製。

流石に大きな燻製器のようにはいきませんが、船の上でこうして作ることができるのに感謝!

(フランス存在日記→https://exmouthcoc.exblog.jp/28023100/

以前は大きな燻製器で作っていました。)

 

f:id:SailingSiesta:20210428122956j:image

夕方の散歩の時に、引き潮の岩場で貝を集めるのも楽しい思い出。

f:id:SailingSiesta:20210428123123j:image

これ、フランスではBigorneaux ビゴーノーと言う親指くらいの小さな貝なのだけれど、茹でて食べると本当に美味しいのです。

 

パナマの人は食べる習慣がないのか、誰も採る人はいませんでした。

 

振り返ると、人間らしい充実した10日間。

食料を調達して、また戻るかな〜。

 

 

ラス ペルラスで楽しむ

f:id:SailingSiesta:20210422122236j:image

新調したディンギーに乗って、島の反対側へ。

どこのビーチも流木や貝殻、そしてプラスチックのボトルなどが打ち上げられております。

これ、ゴッソリ掃除できたらいいのにな、と思いながら。


f:id:SailingSiesta:20210422130324j:image

f:id:SailingSiesta:20210422130008j:image

f:id:SailingSiesta:20210422130130j:image

f:id:SailingSiesta:20210422130113j:image

 

f:id:SailingSiesta:20210422122751j:image

散歩の帰り、海を覗いてみたら 大きな魚がウヨウヨ。これを見てしまうと、もう いてもたってもいられません。釣り竿持って、ディンギーで進みながら糸を垂らします。

Ninaは1人でkayakの人。

疲れた〜と言いながらも 結構な距離を漕いでおります。

 

タラの仲間はよく釣れます。


f:id:SailingSiesta:20210422123232j:image

f:id:SailingSiesta:20210422130729j:image

f:id:SailingSiesta:20210422123221j:image


そしてカワハギの仲間。ウスバハギ?かな。

小さめの魚をリリースしても、毎日、足りることはなく、消費するのにちょうどいい量が獲れています。

 

f:id:SailingSiesta:20210422123531j:image

サワラのお寿司。手毬寿司のように上品に作りたかったのだけれど、だんだんと大きくなってくる。😆

ちなみに、パナマのお米で握ってみましたが違和感が全くなく、合格!💮


f:id:SailingSiesta:20210422123545j:image

f:id:SailingSiesta:20210422124209j:image

実はパナマシティから、友人の船が合流して、アペロに持参したのでした。

 

翌日は、タラのフライを差し入れ。

パン粉が限られているので、コーンフレークを砕いて使っています。サクサク!

大好評でした。

 

彼らは何日かここで滞在して、直接フレンチ ポリネシアへと向かいます。

女子1人、男子4人。

料理とか全て女子に負担がかかるだろうと思っていたら、皆さんそれぞれ料理を作って、皿を洗って…まぁ、いい具合にバランスが取れているのですね。

でも彼女が、「たまには女子トークがしたいっ!」と言った時は笑えました。確かにね。

 

カニ捕り用のパニエに入っていたのが、タツノオトシゴ

水族館で見たことはあっても、こうして近くで見たのは初めてでした。結構小さい。


f:id:SailingSiesta:20210422125025j:image

f:id:SailingSiesta:20210422125014j:image

観察後は、海にさよなら〜〜!

 

困った事に、ここにいるとNinaっちの勉強がはかどらない!はい、親の責任です。😂

 

 

 

 

Las Perlas ラス ペルラス諸島へ

f:id:SailingSiesta:20210419121358j:image

誰いない海。

ヤドカリだけが忙しそうに移動しております。

 

パナマシティ周辺の海は残念なことに海の水はとてもキレイとは言いがたいのです。

ゴミをポイ捨てする習慣がまだあるのかな?

ナビゲーションの間も、大きな流木の他にプラスチックゴミの多いこと多いこと。

f:id:SailingSiesta:20210419123756j:image

 

キレイな海を求めて、パナマシティから約60km離れた Las Perlas ラス ペルラス諸島へやってきました!パール(真珠)というだけあってキレイ!


f:id:SailingSiesta:20210419122243p:image

f:id:SailingSiesta:20210419122248p:image

沢山の島が点在していて、ちょっと移動するだけでまた別の島へ到着するという、ナビゲーションも飽きない程度の時間なのですごくラク

初日は赤いポイントでアンカリングをして一泊。

翌日は青いポイントまでやって来ました。


f:id:SailingSiesta:20210419122630j:image

f:id:SailingSiesta:20210419122625j:image

久しぶりのビーチにミカたん 大喜び!

ヤドカリを追いかけては 鼻を砂にうずめるという…楽しくてたまらない様子。


f:id:SailingSiesta:20210419122856j:image

f:id:SailingSiesta:20210419122902j:image

黒い雲が立ち込めて怪しい天気かと思えば、その後キレイに晴れ上がって 海もキラキラしていました。

水温も高い!泳ぐにも気持ちのいい温度です。

 

散歩の後、短いナビゲーション。


f:id:SailingSiesta:20210419123310j:image

f:id:SailingSiesta:20210419123306j:image

Spanish Mackerel サワラが釣れました!

やった〜〜!

コロンビアではお肉が美味しくて、ここパナマでは魚市場にまだ足を踏み入れてないこともあってずっと肉食だったんですよねぇ…。

久しぶりのお魚です。


f:id:SailingSiesta:20210419123638j:image

f:id:SailingSiesta:20210419123634j:image

Ninaはカヤックで船の周りをぐるぐる。

波も穏やかで風もないので安心して漕いでおります。

 

修理してもすぐにしぼんでしまい 穴が塞がらないディンギー(テンダー)をやっと買い換えました。専用の接着剤がなかな手に入らなくて苦労していたのです。

以前のは底が厚いアルミ製だったせいか重くて…。新しいのは軽い!速い!濡れない!

カバーを作るミッションが増えました。

 


f:id:SailingSiesta:20210419124353j:image

f:id:SailingSiesta:20210419124454j:image


夕飯はお約束のお刺身定食。

久しぶりに作ったお味噌汁も好評でした。

お米はこちらのスーパーで買ったもの。

5ポンド=約2.27kgで2.20ドルくらいだったような。

癖もなく、日本米のような粘り気があって これはいいかも。おにぎりやお寿司もできそうです。

 

パナマシティに戻る前に、心の充電をしてきます。

 

パナマシティで地下鉄に乗ってみる

f:id:SailingSiesta:20210415112215j:image

前回に続き、今度はパナマシティの地下鉄に乗ってみました。

 

パスカードは前回と同じ。

つまり、バスとメトロは共通で使えるのです。

しかも、基本的に一度乗ったらどこまでも同じ料金。

日本でも、鉄道会社が変わっても、距離が遠くても均一料金だったらいいんですけどね〜〜。

 

f:id:SailingSiesta:20210415112842j:image

メトロの構内。ピカピカで清潔。

薄暗くて臭いパリのメトロとは大違いです。

日本っぽいかな?

f:id:SailingSiesta:20210415112905j:image

電車が来ました!


f:id:SailingSiesta:20210415113141j:image

f:id:SailingSiesta:20210415113240j:image

昼間なのでガラガラ。

かなりモダンですね。

 

短い区間でしたが、快適でした。

一回、35セント。

うーん、羨ましい。

 

実はこの日、帰るのが遅くなってしまって(帰りのバスがなかなか来なかったのです。)、船に戻ったのはすっかり暗くなってから。

ミカ姉さんが心配で心配で…。

心細くしてるだろうな〜と、気が気ではないのです。

 

お留守番の時は、好きな時にトイレを済ませられるように外で待たせるのですが…

暗くなって戻ってきて、ミカ!って呼んでも返事がない!!😱何度も呼ぶけれど、いつもいる場所付近には居ないのです。

ニコラがボソっと、「海に落ちて死んじゃったんだ…。」と。

そんな〜!と、Ninaが必死に船頭の方へ行ったら、「ミカっ!いたよ〜!」

どうやら、日除けの下でぐっすり眠っていた様子。

いつもなら、ディンギーの音が近づいてくるだけで尻尾を振って吠えまくるんですけどね…。

家族の帰りが遅くてパニックになってよかった。

そんなミカ姉さん、来月は12歳の誕生日です。f:id:SailingSiesta:20210415114710j:image

散歩の後は、この格好で脚を拭き拭き。😁

 

パナマシティでバスに乗る

f:id:SailingSiesta:20210409122823j:image

コロンビアに滞在していた時は、ショッピングモールに行くにもタクシーを利用しておりました。炎天下の中を歩くのを考えたら、250円くらいは安いものでした。

 

で、ここパナマ

タクシーに乗ると大体5ドル。

(パナマではUS$と同じです)

コロンビアに比べたら、一気に倍になった訳です。

タクシーって、毎回値段交渉から始まります。

これが結構面倒くさい。

 

現在、アンカリングをしているのですが、ディンギードックのすぐ近くにバスストップがあるので、バスに乗ってみることにしました。

なんと、25セント!安いっ。

 

が、パナマシティではバスや地下鉄は現金で支払いできず、あらかじめカードを作っておいて💳それにチャージをする必要があるのです。

近くには販売機もないので、行きはタクシー、バスターミナルでカードを作って、帰りはバスに乗ることにしました。

 

行きのタクシーをバスストップのベンチで待っていたら、隣に現地のおじさんがバスを待っていました。

 

現地の人のタクシーの相場を聞いてみたくて、話しかけてみます。ココらへんが「おばちゃん」なのだろうな。オットはこういう時、自らは話しかけません。

 

私「Hola!すみません、バスは現金では払えないのですか?」と、(知ってるくせに)英語で聞くと…

おじさん「現金ではダメなんだよ。どこに行くの?…タクシーに乗った方がいいよ。」スペイン語ですが、多分こんな感じ。

私「セントロ(センター)に行くのにタクシーでいくらくらいかかりますか?」

おじさん「3ドルだよ」

あ〜〜、そうなんだ!やっぱり外国人には高く言ってくるんだな、と思っていたらタクシーが目の前に。

運転手さんに値段交渉していると、さっきのおじさんが来て、交渉に手伝ってくれたのでした。😙やった! おじさん、ありがとう!

 

無事にショッピングモールに着いて、すぐ隣のバスターミナルでバスとメトロが使えるカードを購入しました。

カード代2ドル。チャージは1ドルから。

 

このカードのいいところは、複数いても1枚のカードでOKだということ。無駄に1人1枚ではなくていいのです。

ちなみに、メトロは35セント。

バスの乗り継ぎをする場合は、降車の時にもう一度カードをかざすと40分間に限り次のバスがチャージされないとのことでした。

で、子供料金は?と、バスに乗った時に運転手さんに聞いてみたら、くぐって入ってOKとのことで、Ninaは無料。

f:id:SailingSiesta:20210409130658j:image

Ninaはバスが好きなので大喜び。

気持ちわかるなぁ。外の景色が高い所から見えて楽しいよね。

f:id:SailingSiesta:20210409130835j:image

そろそろマンゴーの季節。

たくさん落ちているのに誰も拾わない。

スーパーだと結構高値なんだけどなぁ。(マンゴーはコロンビアの4倍近くもするのです)

f:id:SailingSiesta:20210409131053j:image

これは別の日。街へ向かうバスの中。

Siestaを横目に、ミカちゃん大人しくしてるかな〜、とちょっと罪悪感。

f:id:SailingSiesta:20210409131244j:image

目的地のショッピングモールは、犬連れOKなのでした。

でも…さすがにバスには乗れないよねぇ?

 

メトロバスのカードの買い方はこちらを参考にさせていただきました。

https://ito-ryokou.com/panama-card-metro-bus/

追記: 現在は1ドルコインも使えます!

 

実はカード購入時に、お金を入れたのにカードが出てこないというちょっとしたトラブルがあったのですが、ターミナル内にいる係員の方達(黄色いベストを着ています)、英語も話せるし、優しく対応してくれました。

これも経験…。

 

次はメトロに乗ってみよう!

 

 

ミカ姉さん、抜歯をする

f:id:SailingSiesta:20210405120549j:image

突然、こんな変顔で失礼!

ミカ姉さん、熟睡中です。

 

動物と一緒に旅行するのは大変なのです。

国を出る前に、次の国に提出する健康診断書を用意していきます。

と言っても、今まで犬のパスポートをチェックされたことは ほぼ無くて、キュラソー島の税関で書類をジーーーっと見られたことくらい。もちろん、何の問題もなかったですけどね。

f:id:SailingSiesta:20210405124213j:image

↑ミカ姉さんのパスポート

 

そのキュラソーを出る前に、獣医さんに「ミカちゃんの前歯、多分痛がっているから、いつか抜いた方がいいですよ」と言われていたのです。

そう言われれば、前歯の一本が虫歯っぽい。

 

そして、コロンビア。🇨🇴

またもや、ここを出る前に獣医さんに連れて行って、もうすぐ切れるワクチン注射と、その前歯の抜歯を相談したのです。

 

何日か後にまた来てくださいってパターンかと思いきや、じゃぁやりましょう!って、直ぐに麻酔をして。

診察室には先生と助手、その他1人しか立ち会いできず、最初だけニコラが見守ることに。

 


f:id:SailingSiesta:20210405122034j:image

f:id:SailingSiesta:20210405122039j:image

待っている間に、別のお客さんが連れてきた仔犬と遊ぶNina。
マスコットのぬいぐるみみたい〜〜!

可愛〜いぃ!😍♥️

トイプードルと言っていました。

 

診察室からキャンッと聞こえて、麻酔が効いてなかったのかとちょっと不安になる私。

どうやら無事に終わったようで、先生が抜いた歯を持ってきてくれました。

 

耳と顎の下をいつも痒がっていることを伝えたら、耳掃除もしてくれて…。f:id:SailingSiesta:20210405122942j:image

処方された薬(口の中と耳)と、かゆみ止めシャンプー、ノミやダニ避けの薬(これがマルティニークではめちゃ高価だった!)。

 

ワクチン+抜歯+薬で、合計で200ユーロくらい。(26000円くらい)

コロンビアでやってもらって良かった…。

 

ここパナマでも、また獣医探し。

近くにいいところがありますように。